エステマン for レディースビューティー カップルでエステなら名古屋のエステMANへ

ブログ

男性のお腹周り、20代なのにぽっこりお腹!?改善案はこちら!

まだ若いハズなのに、お腹がぽっこり出てきてしまうのはなぜ!

まだ若いハズなのに、お腹がぽっこり出てきてしまうのはなぜ

パンツの上に、たぷんとのったお腹、これは中年男性だけの悩みではありません。実は20代の男性でもぽっこりお腹に悩んでいる方は少なくありません。

若い方よりも30代~50代の男性のほうがお腹が出やすいと言われているのは「代謝」に原因があります。10代~20代は基礎代謝が比較的高いので、少し運動不足だったり食べ過ぎたりしてもあまり脂肪を貯め込むことはありません。

ところが、30代を過ぎると,筋肉量が減って基礎代謝量も減るため、20代と同じ生活習慣を送り続けると急激に太りだす可能性が高まります。ですが、20代のうちからお腹が出てきてしまう方は何が原因なのでしょうか?

20代でできるぽっこりお腹には食生活と運動の2つに要因があると考えられます。現代の日本人の食生活は欧米化しており、和食よりもカロリー高めで脂っこいジャンクフードを好む方も増えてきました。実際に短い時間でサクッと食べられるジャンクフードは便利ではありますが、栄養面ではデメリットが大きいのです。

また、カロリーのことを考えずにどか食いしてしてストレス発散をしてしまう男性がいますが、いくら基礎代謝が高くても、やはり限度があります。

運動を習慣化していない20代男性の一日の摂取カロリーの目安は2250~2550kcalと言われています。一日3食食べる場合、一食あたり700~800kcalにまで抑える必要があります。

ですが、一食分1,000kcalを超してしまったり、過度な間食、お酒を摂取してしまうと、すぐに目安のカロリーを超えてしまいます。一食分や一日分の摂取カロリーを計算している方は多くないので、知らず知らずのうちに消化しきれないカロリーを摂取してしまい、脂肪を蓄えているということが起こりうるのです。

また、食生活だけではなく運動不足もぽっこりお腹を作る原因になります。筋トレやジョギング、ランニングなどを習慣化している方もいますが、「仕事などが忙しく中々できていない」、「金銭的な理由でジムに通うのが難しい」という方も多くいます。

20代は筋肉量が比較的ある年代なので、運動をしなくても急激には太りにくいと言われています。しかし、筋肉量があり基礎代謝も高めな年代だからこそ運動をしないと、徐々に脂肪が蓄えられ、いつの間にか基礎代謝量が落ちて、痩せづらい体になってしまう可能性も…。

体にも痩せやすい部位とそうではない部位があります。一番気にしやすいお腹は、実は痩せにくい部位にあたります。ダイエットを始めて胸や腕、足は締まってきたけどお腹だけどうしても絞れないという方も中にはいます。

すぐには痩せられないので我慢強くダイエットを継続していかないと、ぽっこりお腹は改善されません。このように20代の男性でもぽっこりお腹は中々解消しづらい傾向にあります。

そうだ・・・ダイエットしよう。

ぽっこりお腹が気になった、そのときからダイエットをスタートさせる必要があります。どんどん先延ばしにしていくと、老化現象で筋肉量と基礎代謝量が落ち、痩せたくても痩せられない体質になってしまうからです。20代から始めるダイエットは効果が出やすいのですね。

食事編
食事は量を減らすよりカロリーの制限や食材選びを意識する方がぽっこりお腹には効果が期待できます。
今まで食べていた量を極端に減らすとリバウンドを引き起こしてしまい、結果的に痩せづらい体質になってしまいます。食事は無理をせずに改善する努力をすることで、締まった体をキープしやすくなります。
まず食生活において意識したいポイントは「腸内環境を整えること」です。ぽっこりお腹を作り出している原因の1つに食物繊維の不足などによる便秘が挙げられます。食物繊維がたっぷり入った野菜、こんにゃく、きくらげ類を意識して食べれば便秘は解消されやすくなります。
そして2つ目のポイントは「炭水化物とおかずのバランスを整えること」です
炭水化物は3大栄養素のうちの1つで、生きていくためには不可欠な栄養分です。ですが炭水化物は糖質が多く含まれるので、食べ過ぎるとその分が中性脂肪になって贅肉がついてしまいます。
そのため、日頃からお米やパン、麺類を多く食べてしまう方は少しでも量を制限し、その分野菜やお肉、野菜で食事量のバランスを保つようにしてみましょう。
そのほか、お米を玄米や雑穀米に変えたり、麺類をこんにゃく麺など、カロリーが抑えられて健康にも良い食材を意識して選ぶことも効果的です。
筋トレ編
腹部に集中的にアプローチする筋トレをご紹介します。一番におすすめする方法が「クランチ」です。
クランチは腹直筋、腹斜筋、腹横筋に効果的な筋トレです。腹直筋はもともと6つや8つに割れている筋肉、腹斜筋は横腹の筋肉、腹横筋は腹斜筋よりも内側にある筋肉です。
この3つの筋肉にアプローチをかけることによってお腹の筋肉が締まり、ぽっこりお腹も解消されます。
クランチのやり方ですが
  1. 仰向けになり、膝を90°に曲げる。
  2. 息を吐き出しながらお腹を凹ませる。
  3. 上半身を丸めた状態でゆっくり起こす。
  4. 目線がおへそまで来たら上半身を下ろす。
これを一日10回×3セットを目安に行ってみてください。
このとき腰を浮かせたりしないように注意してください。
また、ひねりを加えた「バイシクルクランチ」もおすすめです。
  1. 仰向けになり膝を90°曲げる。手は耳の後ろにつける。
  2. 上半身を起こし、左肘と右膝をくっつけられるぐらいひねる。
  3. 反対に右肘と左膝をくっつけられるぐらいひねる。
これも左右10回ずつを3セット行うとお腹に効果的です。クランチをしている際は深く呼吸することも忘れずに意識してみてください。

継続ができない、そんなあなたにオススメなダイエットサポート

自分1人でもぽっこりお腹の改善はできますが、継続するとなるとやはり簡単なことではありません。ダイエットを継続させる自信がない、そう思う方はプロのアドバイスや施術を行なえる場所に通ってみるのも有りです。

ジム編
トレーニングジムでは色々なダイエット器具があるのに加え、パーソナルトレーナーがいてしっかりサポートしてくれるところもあります。
「自分でのダイエットが続かなかった…」という経験のある方でもしっかりお金を払って契約することによって「お金出してるんだから通わなきゃ」という気持ちになり、ダイエットを継続しやすくなります。
また、様々な種類のトレーニング機器がありますので、ぽっこりお腹が気になっている方は腹筋に特化した機器を見つけて集中的に使うことが可能です。腹筋に特化した機器ですと、「シットアップベンチ」や「腹筋ローラ」などがおすすめです。
これらの機器を使って気になる腹部を鍛え上げていくことで、お腹の引き締めにつなげることができます。
また、やり方がわからない、効果的な使い方がわからない、といった方はジムのトレーナーに教えてもらって実践してみてください。
エステ編
エステは男性にはあまり馴染みがないかもしれませんが、男性でもエステを受けることはできます。エステですと心身ともにリラックスできますので、継続できず挫折してしまうということはあまりないと考えられます。
プロのエステティシャンの技術によって気になる部位に対して重点的にアプローチをするので、自身で試行錯誤するよりはダイエットの効果が高まりやすくなります。エステでも機器を使って施術する場合もありますので、比較的に短期での効果が期待できます。

ぽっこりお腹を撃退したいあなたはメンズエステのエステマンへ

ぽっこりお腹を撃退したいあなたはメンズエステのエステマンへ

「でもエステサロンって通いづらい…」そんな男性たちのために、名古屋の栄にある「エステマン」では人目を気にせずにくつろげるメンズエステスペースを用意しています。

プロのスタッフからカウンセリングを受け、自身にぴったりなプランを提案してもらえます。そこから施術がスタートしますが、知識豊富なプロのスタッフによるハンドマッサージを受けられるだけではなく、サロンでしか体験できない美容機器も使うことができます。

特に「キャビテーション」という高機能な機器が、ダイエットのサポートをしてくれます。このキャビテーションは、特殊な超音波を発することで脂肪細胞のみに共振させ、脂肪そのものを分解します。

食事制限や筋トレでは、脂肪細胞そのものを減らすことはできないため、もっとも直接的で効果が期待できる痩身法と言えるでしょう。

このように、エステマンではぽっこりお腹に特化した機器を使用することができるので、ぽっこりお腹を解消して締まった体を手に入れたいという方は、ぜひ一度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ戻る

メールでお問い合わせ